底面給水プランター活用

[広告]

水遣りが楽な底面給水

2014年から、水遣りが楽になる底面給水プランターと9号の底面給水鉢を使って、緑のカーテンを作っています。満水にすると、2~3日水やりをしなくて済み、7月末には緑のカーテンが完成しました。

底面給水プランターを上手に使えば、泊りがけの旅行やお盆の帰省もできます。水の蒸発を考えて、日陰ができるところにプランターを置くとか、簡易水遣り器を使うとかすれば、短期の旅行なら何とかなります。

写真の底面給水プランターをとりあえず1個ずつ購入しました。

底面給水プランター

底面給水プランター

上の黄緑タイプ(楽々菜園 深型 600)は給水位置が脇にあり、下の深緑タイプ(楽々菜園DX 深型 650支柱用フレーム付)は、給水位置が正面にあります。

プランターや鉢を並べて置くとき、脇からの給水だと、レイアウトに制約を受けるので、給水位置が正面にある「楽々菜園DX 深型 650支柱用フレーム付」を追加購入することにしました。

大容量なので、土の量を少なめにして、1リットルの水を給水した後に、重量を計ってみたら15Kgもありました。重いので置き過ぎないようにしました。持ち上げて移動するのが大変なので、ゴミとして捨てられる軽い土を使うことにしました。

防根透水シート

まず気になったのは、側面のスリットと、底面に置く「すのこ」のスリットの幅が広かったので、土がこぼれるのではと思い、防根透水シート(東洋紡績)を敷いてみました。写真のように水を吸い上げる部分は穴を開けましたが、土はほとんどこぼれませんでした。シートを敷けば、ベランダの土こぼれの掃除をしなくて済みます。

防根透水シートを敷かないプランターも用意して、土のこぼれ方を比較しました。土を入れた当初は、やはりこぼれてきましたが、しばらくすると、こぼれなくなりました。

底面給水プランター

土を入れてすぐに苗を植えたら、いくつかの苗を枯らしてしまいました。底面から十分に水を吸い上げていないうちに、苗を植えたのが原因でした。水を吸い上げるのに時間がかかるので、苗を植える時は、土の湿り具合を見てから植えてください。最初のうちは上からも水やりをしたほうがよいようです。

楽々花彩ポット27型

丸い9号タイプの底面給水鉢「楽々花彩ポット」も購入しました。こちらは、ブラウン、グリーン、ブルー、イエロー、グレーの5色があったのでグリーンとブラウンの2色を買いました。明るい落ち着いた色合いで満足しています。

中央手前の黒色の円形の物体が鉢の底に敷く「すのこ」、真中の深緑の鉢が以前から使っている9号のスリット鉢です。

底面給水鉢の水容量はプランターに比べて少ないので、日陰に置くなどして、水持ちを良くする工夫をしてください。

【広告】
底面給水 楽々ポット
従来品の3.4倍17Lの大貯水

底面給水プランターのベランダ

6月1日

植付け直後

底面給水プランターと底面給水鉢には、へちま、ゴーヤー、宿根あさがおの苗を、5月中旬に植えました。

右の写真は苗を植え付け2週間後の様子です。プランターの重量を考慮して、ほぼ一直線になるようなレイアウトにしました。

直射日光がベランダに当たらないように、手すりすれすれにプランタを置きたかったのですが、園芸資材の落下が怖くて、手すりから少し内側に置きました。手すりから少し斜めに配置したのは、手前の物干し場を使えるようにするためです。

6月16日

つるが1mほどに伸びる

ひと月ほどでゴーヤー、ヘチマ、宿根朝顔のつるがだいぶ伸びてきました。成長の度合いは、従来使っていたスリット鉢より速いような気がしました。

これからは、つるは上に伸ばさずに、強制的に横に伸ばしていきます。ゴーヤーと宿根朝顔は摘心してわき芽を伸ばします。

7月6日
つるを横に伸ばす

葉が大きくなってきました。今までの鉢より成長が速いのがはっきりしてきました。下のほうも葉が茂り、よさそうな感じです。

つゆが明けると、つるは勢いよく伸びるので、7月中はできるだけ横に伸ばします。上に伸びたつるはネットからはずして、下に戻してからネットに巻き直します。

7月19日

つるがよく伸びる

給水量を多めにすれば、毎日水遣りをしなくても済みます。

この時期なら天気が良くても、満水で3日程(真夏はよくて2日)水遣りをしなくてもOK。水の蒸発防止対策をすれば、もう1日位は何とかできそうです。

底面給水プランターの効果でしょうか。今までは、旧盆の頃にやっと完成していた緑のカーテンが完成間近です。葉も茂ってきて、良さそうな感じです。

7月30日

完成した緑のカーテン

緑のカーテン完成。大き目の葉が密集して、日光を遮るようになりました。底面給水プランターは、思った以上に良い結果をもたらしました。

できるだけ日の当たらない場所にプランターを置いたり、水分の蒸発防止対策をして、3日位水をやらなくてもすむ方法を見つけます。

[広告]