捨てられる軽い土

[広告]

ゴミとして捨てられる

土はゴミとして捨てられない自治体が多い。無料回収日があったり、少量なら回収してくれたりするところはありますが、ベランダ園芸をやるときの大問題です。

ところが、ゴミとして捨てられる園芸土や培養土があります。どうして捨てられるのでしょうか。ゴミとして捨てられる土は本当の土ではなく、ヤシの実の殻(ココヤシがよく使われている)から作られているからです。ヤシの実の殻が原料なので、地層から取る土と違って、環境にやさしい土となります。

しかもとても軽い。この土だけを入れたプランターは、簡単に持ち上げることができます。ベランダで緑のカーテンを作る上で、捨てられてなおかつ軽い土は、環境にやさしい一石二鳥の優れものです。

捨てられる土

KAGOMEトマトの土がホームセンターにあったので、試しに買ってみましたが、普通に使えそうです。KAGOMEかる~い野菜の土があるので、ベランダ園芸にはこちらのほうが良いかもしれません。

以下画像や商品のリンク先は、外部リンク[広告]です。

プロトリーフ 土ブロック

ブロックの塊1つを3リットルの水に浸すと約8リットルの土になります。肥料は含まれていないので、臭いのない有機肥料「みみず太郎100」を10%~20%ほど混ぜてから、苗を植え付けます。

65cmの楽々菜園DX深型プランター(土容量20リットル)では、土ブロックを2個使用しました。

土ブロックをポリバケツに入れて、3リットルの水に浸しておくと、軟らかくなって、ブロックの形のまま高さだけが高くなります。シャベルでほぐせば、土の完成です。

水はけがよいので、鉢の下から茶色い水が出てきます。鉢受け皿を置くか、底面給水プランタを利用したほうが良いでしょう。

使い終わったときには、燃えるゴミとして出すことができます。これが大きなセールスポイントです。

未使用の土ブロックは軽い上、レンガ位の大きさなので、保管は楽です。

かる~い有機培養土

主原料はココピートや純植物性バークたい肥など地球に優しい素材を使っています。元肥は初期生育分しか入っていないので、適時ハイポネクスなどを追肥する必要があります。

土ブロックよりも軽い。とにかく軽いので、プランターを持ち上げての移動が楽です。ベランダにもやさしい培養土です。

こちらも燃えるゴミとして出すことができます。

袋を開けたときに、独特な臭いがします。プランターに入れた後もしばらく臭いが残りますが、近所迷惑にならない程度の臭いです。臭いはそのうちなくなります。

[広告]