7月からも間に合う緑のカーテン

[広告]

宿根朝顔や日本あさがおの鉢植え

7月からでも間に合う緑のカーテンの作り方です。日当たりが良ければ、十分間に合います。

7月上旬なら、まだ苗があるかもしれません。今までの経験だと、ホームセンターより町の花屋さんに残っています。ゴーヤーや朝顔なら、見つかる可能性が高いと思います。値段も安くなっているのでお買い得です。

また、宿根朝顔や日本あさがおの行灯巻きの鉢植え買ってくれば、十分間に合います。

7月に入って種を蒔くのは、さすがに少し遅すぎます。

苗の植え方

売れ残りの苗は、元気のない苗もありますが、つるが延びているので、見た目は悪くても太いつるの苗を選べば、すぐに背丈ぐらいには伸びて、十分緑のカーテンに間に合います。

ポットの中は、根巻きしていて渦巻状になっているので、ほぐさずに大き目の9号鉢にそのまま植えれば、何の問題もありません。下手に根をほぐすと、根をいためることになり、生育が悪くなります。

行灯仕立ての朝顔

7月になると、入谷の朝顔市で売っているような、行灯仕立ての朝顔が出てきます。こちらは安い鉢なら、1,000円以下で買えます。

朝顔市

鉢が小ぶりで、かつ複数株を植えてあるので、9号か10号の大きい鉢を準備して、鉢のふちからスコップで根をいためないよう、鉢の姿のまま朝顔を掘り出して、準備した鉢にそのまま移し替えて、鉢のまわりのすき間に培養土を追加します。

そして、行灯に巻かれた朝顔のつるを丁寧にほどいて、ネットにからませれば完成です。つるが硬くなってきているので、あせらず丁寧にほどきます。無理をすると折れることがあるので注意してください。

万が一つるが折れたら、折れた部分をまっすぐにして、ネットに巻きつけます。折れた前後を麻紐などで縛って、動かないように固定すればつながります。

宿根朝顔の挿し木

宿根朝顔なら、挿し木でも根が早めに出てくるので、脇弦を分けてもらって、大きめのグラスに水を張って指しておけば、すぐに発根してきます。水は毎日新しいものに交換してください。

根がある程度出て伸びてきたら、大きめの鉢やプランターに植えつけます。日当たりが良ければすぐに育ちます。花が咲くのは遅くなるかもしれませんが、たくさんの青い花が咲きます。

つるを45度くらい斜めに切って、直接土に挿しても育ちますが、失敗も多いのでたくさん挿し木を用意できるのであれば、この方法でも十分間に合います。

[広告]