保水性ベランダタイル

[広告]

夏の暑さを緩和

日当たりのよいベランダは、真夏にはたいへん暑くなり、素足で歩けないほどの高熱になります。この高熱がベランダだけではなく、コンクリートから室内に伝わってきて、室内を暑くします。夜になってもベランダの温度は下がらず、室内をいっそう暑くします。

この暑さを緩和するために、我が家では、保水性のベランダタイルをベランダに敷きました。

バーセア

どうして、保水性のベランダタイルを敷したのかといえば、このタイルは、名前のとおり、タイルの上にまいた打ち水は、タイル内にしみ込んで保水します。しみ込んだ水は徐々に蒸発していき、このとき周りの熱を吸収(気化熱という)して、ベランダの温度上昇を抑えるというメカニズムになっているからです。

この打ち水効果を期待して、我が家のベランダに保水性ベランダタイルを敷きました。敷いたのは、ホームセンターで簡単に手に入るTOTOのバーセア(MTシリーズ)です。

このタイルに打ち水をした後、裸足で歩くとタイル表面付近がひんやりとして、ベランダ表面の温度上昇を抑えていることを実感できます。しかも保水機能により打ち水効果が持続するので、しばらくの間ベランダの暑さを和らげてくれます。

打ち水は、湿気のことを考えると、朝や昼より夕方のほうが良いそうです。

保水性ベランダタイル バーセア[MTシリーズ]レビュー

当初はベランダの一部にバーセアを敷いたのですが、とても具合が良かったので、追加購入して、ベランダ両端を除いて敷き詰めました。保水タイプのバーセアは色も落ち着いているので、部屋の中から見るベランダの見栄えも良く、敷いて良かったと実感しました。

メーカーのMTシリーズ紹介ページはこちら

保水タイルバーセア

左側日陰・右側日なた
保水性タイルバーセア

  • バーセアは、タイルをベランダに置いて連結しながら敷いていくので、施工業者に頼まなくても、簡単にきれいに敷き詰めることができました。けが防止のために、軍手をはめて作業しましたが、特別な工具や接着剤などは不要です。
  • 打ち水はとても有効だと感じました。タイルの上を素足で歩けるし、保水機能により涼しさも持続するので、緑のカーテンの成長も良くなったような気がします。
  • 表面はつるつるではなく、少しざらついていますが、素足で歩いても全然問題ありません。掃除をしていないので、表面の色は少しあせたように見えてきましたが、気になることはありません。
  • バーセアの保水機能と緑のカーテンとの相乗効果もあって、快適とまでは言わないまでも、室内の涼しさが体感できるようになりました。エアコンの使用時間は大幅に減り、設定温度も28度~29度で済むようになったので、電気代が驚くほど安くなりました。
  • 【注意】「高層階(目安として11階以上)ベランダでの設置はご遠慮下さい」の注意書きがあります。これはタイルが強風で持ち上がることがあるので、落下事故を防止するための警告です。強風が多い地域や、高層階での設置には十分注意してください。

ベランダにタイルを敷くなら、暑さ対策にもなりその結果として、エアコンの電気代が節約できる保水性ベランダタイルを、ぜひ検討してみてください。

ホームセンターの特売時には、1枚800円前後で買えます。特に春秋シーズンにはよくチラシで見かけるので、安く買えるのではないでしょうか。

ただし、タイルは1枚でも重たいので、持ち帰る場合は車で買いに行くか、軽トラックを無料で貸してくれるホームセンターで買うと良いでしょう。ネットショップで買うのが、一番楽かもしれません。

[広告]